キンプラを観てきた

先日(3,4週間くらい前)、キンプラを観てきた。

こんなたわけたこと言ってて正直すまんかった。


初めての応援上映で面食らった

熱心なキンプリヤクザ布教者に誘われて映画を観に行ってきた。 前作のキンプリを一度学内某所の上映会で見ただけだったので、実際に全員が光る棒を持っている空間に自ら身を投じることに不安しかなかった。 いや、なんか堂本光一が応援上映観に行った!みたいな番組があって、Twitterに流れてきた動画をちょろっと作業の合間に横目で見た程度だったので、まったく理解してなかったわけで。 あんな熱狂的な空間だとは思わなかったわけで。

本当に、ほんとうに、すまんかった。

もはやキンプラ自体の感想というより、応援上映の感想みたいになってしまうけど、それくらい自分には縁のない空間だった。例えばアイドルのコンサート、声優のライブのようなオタクイベントに行ったことがあれば、光る棒を持つこともあったのだろうけど、自分がいくライブなんてもっぱらナッシングスとかそこら辺だったので、持ったこともない。そしてコンテンツターゲットが女性寄りなこともあって、完全にアウェー。

映画を見終わって、「こんな空間もあるんか……」くらいしか出てこなかった。

だって、なんか、スポンサーとか製作の名前出た瞬間に「ありがとーーーー!!!!!!」とか、画面暗転した瞬間に色変えるためにカチカチカチカチなってるとか、こういうコンテンツに触れないとわかんないでしょ。 そんなことに面食らってたら「まあ平日だから今日はおとなしいほうだったよね」みたいに言われるんですよ。

たぶんあの空間に溶け込むにはもう何回か行ったり、前作を見直すなどの修行が必要な気がする。


映画自体は普通に面白かった

応援上映で面食らったのはともかくとして、映画自体は普通に面白かった。前作上映会で観た時は、プリズムショーでの各種ジャンプ(無限ハグとか)がもう面白くて、ひたすら笑ってたけど、それに慣れてしまえばあとは作品本編のストーリーを楽しむ段階になる。

トーリーに関して、あまり言ってしまうとネタバレになるので多くは言えないけど、練習や修行を積んで技術的にも精神的にも成長していく姿が見えてとても良い(こなみ) 映画で時間が結構限られてるから、ストーリー部分で削られてしまった部分もとい軽く触れるだけになった部分も多かったんだろうな、と思うところもあったので、ぜひ続編だしてガンガン伏線など回収していってほしい。プリティーリズムを見ていないから、もともとそういう作品なのかはよく知らないけども。

曲はやっぱり良くて、個人的にはEZ DO DANCEが好き。 アレクの歌唱力が凄すぎる。 前作時点でうまいとは思ってたけど、映画館できくと更にうめ〜〜〜なんじゃこりゃ〜〜〜ってなる。 他の曲も良いんだけど、やっぱりこの曲、しかもアレクもとい武内駿輔さんの歌唱力に全部持って行かれた。

で、キャラが誰が好きかというと、これもアレクかな〜、と。 前作観た時点ではみんな同じ感じだったけど、今回の映画で「こいつ何やってんねんガッハッハ」って思った。 ああいう豪快な感じ嫌いじゃないよ。 曲につられてるのもあるのは否定しない。


まとめ

なんだかんだ書いたけど、これを読んで「お前ふざけたこといってんじゃねえぞ」という方が出てくるかも知れないし、「フフフこれでまたひとり……」みたいに思う人もいるだろうし、どう思われても構わない。

言いたいことは、続編でたら教えてくれ、ということだけ。

観たことないけど迷ってる人は、観ても損はないので観たら良いと思う。 そして、光る棒持って、振って、声援上げることに抵抗がなければ、応援上映を観に行くと良いと思う。 まだ、作品を細かく観れてないし、応援上映が初めてで内心オロオロしていた部分もあったので、どちらも観に行く「べき」とは言えない。 ただ、完成度は高いし、面白いので、観たら良いと思うよ!

あとプリティーリズムを観るとさらに面白くなりそうな要素が映画内に散らばっていたので、暇をみつけて観たいと思う。 「とりあえずオバレ結成まで観ればいいよ!」って言われたから、そこまで見るか〜〜〜〜〜。いや、さすがにグループ結成なんてすぐやろな〜〜()。