urxvt + fcitxのインライン日本語入力

Thinkpad X1 Carbonの2017年モデルを最近買った。

今までX230iではDebianを使っていたけど、パッケージが古くて困ることがたびたびあったのと、かねてから試してみたいと思っていたArch Linuxをインストールした。そしてibusからfcitxに移行したものの、urxvt上でインライン入力できない。ターミナル自体で日本語を入力することはほぼないけど、Emacsでは入力することもたまにあるからどうにかしたかった。

Arch Wikiによると、.Xdefaultsに以下を設定すればいいらしい。

urxvt.perl-ext: xim-onthespot
urxvt.inputMethod: fcitx
urxvt.preeditType: OnTheSpot

これだけで動かなくてさらに調べていたところ、Ubuntu Japanese Team Wikiにfctix側の設定方法が書かれていた。

UbuntuTips/JapaneseEnvironment/Fcitx - Ubuntu Japanese Wiki

2つ合わせて設定することで入力できるようになった。

Fctix側の設定をしただけではできなくて、urxvtの設定もちゃんとしなきゃだめっぽかった。

なにはともあれできるようになってめでたしめでたし。