XF86WLANキーを押したあとにインターネットに接続できなくなる問題とその対処

今回もArch Linuxの話。とにかく今まで全部自動でやってたことを1から設定していて、何かあったときに対処法を思い出せないと困るので、細かくメモを残していく。

環境

以上でネット接続をしている。

現象

ThinkpadのFn+F8キー(xevで調べるとXF86WLAN)を押してWifiを無効化したのち、再度押して有効にしてもインターネットに繋がらない。

原因

bugs.archlinux.org

対処

dhcpcdを殺して、netctl-auto@<interface>.serviceをrestartする。

詳細

対象のキーを押した際、内部的にはrfkillコマンドのソフトブロックが有効になる。もう一度押せば無効になる。実際に試すと、以下のphy0のSoft blockedがyes/noで切り替わる。

[inab@x1]% rfkill list
0: tpacpi_bluetooth_sw: Bluetooth
    Soft blocked: no
    Hard blocked: no
1: phy0: Wireless LAN
    Soft blocked: no
    Hard blocked: no
3: hci0: Bluetooth
    Soft blocked: no
    Hard blocked: no

ipコマンドで確認すると、IPアドレスは取得できているようだけど、pingChromiumでネットワーク接続がないと言われてしまう。

バグレポートページのコメントによると、dhcpcdが原因らしい。IPv4しか利用しない環境でも同様の現象が発生している。-4スイッチを削除すればいいって言ってるけど、そこら辺のいじり方がわからないのと、そもそも間違って押すことも少ないので、とりあえずは先述の対処でいいと思ってる。