ソシャゲに対する認識を少し改めた

最近ヴァルキリーアナトミア(VA)というゲームをやっている。

www.valkyrieanatomia.com

もともとスターオーシャンが好きで、そこからトライエース作品ということでヴァルキリープロファイルに手を出し、ソシャゲが出たのでやり始めた。正確に言うと、リリースしてすぐにやってはみたものの、いまいちフィールドマップのシステムに馴染めなくてやめたが、最近になってまた始めた。大人の事情でVAはトライエース制作ではないものの、ある程度は楽しめている。

プレイしている方がいたら、ぜひフォローをお願いします。

f:id:Inaab:20180127213710p:plain:w500

以下、つらつらと適当なことを書いていくけれど、あくまで個人の感想なので、特に改善案とかを出すわけでもないし、「じゃあお前これより面白いの作れるのかよ」みたいなことを言われても困るし、実際作れない。それはそれ、これはこれよ。

ソシャゲつまらなくね?時代

長いこと「いや、ソシャゲつまらんやろ」みたいに思っていた。「思っていた」とは言えども、面白いかと今聞かれても、ゲーム自体は面白くない、と答える。

「つまらんやろ」って言いつつ、それなりに手を出していて、パズドラもやったし、シノアリスもやったし、なんならマギレコはチュートリアルだけやった。多くの場合、リセマラはやるけどゲーム本編はほとんどやらないで、1日くらいしたらアンインストールしている。

大体以下に、述べるようなことが原因でやめている。

ガチャシステム

基本的に全てのソシャゲでガチャ方式が採用されている。そして、チュートリアルが終わった段階で、10連とかのガチャが引けることが多い。ガチャで出るのはレア以上のキャラであるわけだから、もちろん他のキャラよりも強いし、いわゆるスーパーレアのようにレアリティの高いものが引ければ、序盤だけでなく、終盤まで有利にゲームをすすめることができる。だからこそ、無料で何回でも引いて強いキャラを手にいれる、リセマラを多くの人がする*1

じゃあリセマラ終わったし、ゲーム本編やるか、となるわけだけど、高レアリティのキャラは強いので、序盤どころか、しばらくはそのキャラだけをポチポチしていれば良いことが多い。別にただのレアとかでも、十分それができる。

そうすると、もはやただの作業でしかない。結局やっていることは、かつてのガラケー時代のモバゲーとか、FFAのようなCGIゲーム*2と変わらない。せいぜいグラフィックやサウンドが豪華になったとか、その程度に感じる。

複雑化したシステム

おそらく差別化のために、多くのゲームでは独自の戦闘や強化システムを採用している。チュートリアルでは丁寧に説明してくれるし、あとでゲーム中のヘルプから見れることも多い。

個人的には正直うざったいと感じてしまうことが多い。

はい、じゃあ戦闘に行きましょう。初めに戦闘システムの説明をするね!(全画面で説明が現れる、結構文量が多い)。実際にやってみよう!勝てたね!どんどん進んじゃおう!いっぱいでてきたね、スキルで一掃しよう!(全画面で説明が現れる、結構文量が多い)。うわ、強敵がでてきた!これを使ってみて!(全画面で説明が現れる、結構文量が多い)。戦闘終了!今手に入れたアイテムを使って強化してみよう!(全画面で説明が現れる、文量が多かったり、2ページにまたいでたりする)……。

短時間でアホみたいな量の説明文が(全てのゲームではないが)現れる。あとでヘルプで見るかと思っても、ヘルプが枠付きのWebViewで表示されて、表示領域が狭すぎて見づらいことも多い。まったくの新規だったり、原作はあってもソシャゲは初みたいなゲームだと、こういうケースが多くて挫折しやすかった。

その点、どうぶつの森のような、もとのゲームがあり、全世代的に旧作をプレイしている人が多く、基本構想が変わらないゲームだと、多少説明があってもなんとなく理解できることが多くて良いと思う。最初のロードが遅すぎてすぐやめたけど。

さっき、単純作業じゃんって言ったばかりだけども、システムが複雑すぎても面倒に感じてしまう。ただし、これに関しては、普通のコンシューマーゲームでも同じかもしれない。

スマートフォン特有の制約

スマートフォンで遊ぶ以上、どうしてもアクション系は向かない。某プラのゲームも少し触ったことがあるけど、自分の指で画面隠れるし、やりづらさを感じた。「天華百剣 -斬-」というゲームが面白いときいてやったこともあるが、こちらの操作性の悪さの割に敵の動きが異常に良く、驚いた記憶すらある。

アクションゲームに関しては、Flappy Birdとかマリオランとか糸通しとかチャリ走のような、常に走り続けて、ジャンプなどの1アクションを行うだけのものが最適かもしれない。

一方で、カードゲームやパズルとの相性は良い。パズドラなんかは特に出来が良かった。ああいうゲームは、コントローラで操作するよりも直接タッチするほうがやりやすい。ソーシャルの部分を前面に押し出したツムツムも、可愛いキャラで、しかも誰でも親しみやすいパズルだったからこそ流行ったはず。カードゲームでは、ハースストーンはもちろん、シャドウバースも(こちらは、調整が大味だけど)システムは出来が良い。お金を払ってパックを買ったと思えば、ガチャシステムもマッチしていると思う。

音ゲーの評価は自分の中で諸説ある。システムとしては間違っていないが、画面が狭いため、ノーツがギリギリでしか見えないゲームもある。が、そこはうまいことやってるのもあるので、問題ではない。スクフェスとかナナシスのように、フルコンしようとも、全ノーツ最高評価でクリアしようとも、評価Cとかになると萎える。もちろん、わかってる。利益をださなければいけない、というのはわかってる。でも、ちょっとなあと思ってしまう。

FGOのように、カード(攻撃)を選択とかの方式でも、あれはあれで操作性が悪いわけではないので、特に文句はない。

ガチャの渋さ&マウンティング

ガチャの排出率が異常に渋いゲームも厳しい。月額1000円、2000円くらいとかなら別にかけてもいいとは思うが、数万かけても全くでないことがあると言われると、ちょっと……と敬遠してしまう。趣味みたいなものだから、月数万かけるのもおかしいとは思わないが、個人的にソシャゲにそこまで払う気にはなれないので、しぶすぎるゲームもすぐにやめてしまった。

「n万かけたけど欲しいキャラでなかった!クソ!」とTwitterに書こうものなら、すぐに飛んでくる「私はm万かけました!n万で出ないと言うのは甘えでは????」のようなマウンティング(ただし、nは10未満の自然数、mは10以上の自然数)。自分の観測範囲内ではFGOで多い。チケット当選ツイートに対する「当たらなかった人の気持ち考えてください」とかもあったけど、ソシャゲ関係なく、最近のインターネッツの問題だった。

つまらなくはないか……?時代(現在)

VAも決してゲーム自体は面白くないし、基本スキルぶっぱゲーなんだけど、ちょっとおもしろいかなと思うことがある。

2017年の12月に始めて、年末にピックアップガチャがあった。そこで冒頭の画像のペッポというキャラを引いた。さすがにレアリティが一番高いキャラだし、もとが強いわけだけれど、やはり強化していくとどんどん強くなる。このゲームは強化もそこまで大変ではないし、目に見えて強くなっていくのが面白い。昔MMOをやっていたころに感じた、強くすることの楽しみを久々に感じている。

また、強くなるのに伴い、難しいクエストにも挑戦できるようになった。パーティの組み方やスキルの組み合わせを考えて、戦闘中もターン毎に行動を考える。ゲーム性がちゃんと出ている。

結論

結局のところ、初めはクソつまらんけど、ある程度やっていくとそれなりの楽しさが出てくるものなのかな、と思い始めてる。ヴァルキリープロファイルシリーズが好きだったから、みたいな理由でもない限り、初めのクソつまらん部分を乗り切れる気がしないので、今後もリセマラだけしてやらないと思う。

それでも、本当に面白いゲームだったらやるので、ソシャゲ制作会社の皆々様方よろしくお願いします。

おまけ:散っていったクソゲーに思いを馳せて

声優を豪華にしとけばええやろ、という考えが透けて見えた、誰にも知られずに4ヶ月で終了したおどりたが〜る!というゲーム。

本編はボイスがないけどサイドストーリーでフルボイス、ガラケー時代を彷彿とさせるクソアニメーション、いらすとやのような絵の太鼓をドンドン叩いたと思ったらアイテムがでてくるガチャ演出、説明されても理解できないし結局ポチポチするだけの戦闘システム。

俺は嫌いじゃなかったよ。

*1:リセマラがサーバ負荷とかそういう面で法律的に良いか悪いかとかそういう問題はあるけども

*2:FFAで調べたら、まだ稼働してるサーバがあるし、やってる人もいるみたいで感動した