最近のインターネットがつらい

最近のインターネットがとてもつらい。とにかくつらい。

はるか昔から行われていたことだろうけども、憎しみが憎しみを産んでて、最高につらい。

ただのSNS疲れっぽい。

苦手なコンテンツの氾濫

「苦手」のレベルではなく、嫌いなものが流行ってしまった。身近な人間であれば、アレかと理解してもらえるだろうけど、できれば見ない、聞かないで過ごしたい。

そんなわけなので、いろいろとミュートワードに設定してる。加えて、RTされてきたツイートのリプライを見たときに、そのコンテンツのリプライを送ってる人がいたら積極的にブロックしてる。アドブロックのプラグインみたく、ブロック数が表示されるわけでもないので、効果の程はわからないが、快適になった気がする。

問題は、画像。

画像は完全にガー不。機械学習とか無敵のディープラーニングとかで、特定画像をミュートできるTwitterクライアントとか誰か作って欲しい。自分も作ろうとしたけど、学習データ集める時点でつらすぎてやめた。

誰か頼む。

ヘイト

こんなことを書いてしまうと、標的にされてしまうんじゃないかと怖いんだけど、「名誉男性」ってワードを見たのがここ最近で一番つらいこと。

そもそも、「女性だけの街」って話にヘイトのこもった漫画を描くのも、それにヘイトのこもった誹謗中傷を行うのも、見ててとてもつらい。見たくなくても、突発的にヘイト合戦が始まるので、ミュートワードにいれても新しいのがどんどん出てきて追いつかない。

助けてほしい。

デマ

「東大受験課の人に聞きました」しかり、某悪質まとめブログしかり。

後者はもうブロックしてるし、ミュートしてるし、問題ない。

前者はもうよくわからない。本当によくわからない。マックの女子高生のように、架空の人物を作り上げて話してるんだろうな、くらいしかわからない。

女性の権利を守りたい、という強い気持ちは伝わってくるので、どうか、どうかこんな方法じゃなくて正攻法で頑張って欲しい。

ネット私刑

これが流れてくると本当に厳しい気持ちになる。

もとから2chなんかでは普通に行われていたことだけど、最近はTwitterはじめ、各種SNSで繰り広げられてる。俺は容疑者の住所も勤務先も知りたくない。被害者の情報なんてもってのほかで、セカンドレイプじみたことが繰り広げられてるのを見るのがつらい。

「だいたい、容疑者ってだけで本名も何もかも公開するメディアがおかしいんだよ!」というお気持ち。

良かったこと

一時期、「金がない金がない」と喘いでいたときに、インターネットで知り合った友人からギフトを貰ったことがある。別の方から、とてもいいお肉を貰ったことがある。どっちもめちゃくちゃ美味かった。

お肉を送ってくれた方のお家には、お酒の詰め合わせをお礼として送った。ギフトをくれた友人に送るものは、今見繕ってる。

こういう出会いや付き合いを大切にしていきたいと思いましたまる。