良い雰囲気のなんかを作りたい

なんやかんやあってブログを書こうと思って、この土日やってたAndroid系の話を書こうか、それとも最近の業務ででたバリデーションについて書こうか、どうしようかと悩んでいた。 結局前者はまだ記事にするには区切りが良くないし、後者は実際に調べてコードを書いてとなったあたりでどうにも面倒になってしまった。

もう書かなくていいか〜と思って、先日レンタル落ちで購入したSteins;Gateを見てピンときたので、それについて書く。

www.amazon.co.jp


人の心に残るものを作りたい、と常々考えていた。それは例えば日頃利用するアプリケーションなどではなく、どちらかというと絵や音楽、ゲームなどの創作活動の分野。もちろん、何か圧倒的な体験を提供できるアプリなどであれば、人の心に残る、感動させることもできるだろうが、あくまで個人的な思いとしてである。

言ってしまえば、ただの憧れであり、ワナビーのようなもの。

そもそも幼少期から「我が家ではそういうのができる人間はいない」などと家族内で会話されていたこともあり、自分もそれに取り組もうという気持ちがあまりなかった。 一時やっていた時期もあったが、それを続けられるだけの気力がなく続かなかった。

そんな中で出会った、魔王物語物語 *1というゲーム。

playism.jp

RPGツクールという、悪く言えばよくあるツールで、フリー音源も使いつつ(もちろんフリーじゃないのもある)作られたこのゲームで、甚く感動した。ストーリー、システム、音楽、どれも良い。

超美麗なグラフィックもなく、至極壮大な音楽もなく、物語の魅せ方で人を感動させる。

自分もそんなものを作りたいと思った。


それからどうなったかというと、途中ゲームプログラムを書いていた時期もあったが、その夢には辿り着かなかった。

一朝一夕ではできないとわかっているが、自分だけではモチベーションが保てなかった。正確には自分だけではなかったものの、モチベーションを保つには至らなかった。

最近、創作活動をしている友人や同期をみて、さらにSteins:Gateをみて、久しぶりに色々と考えたけど、さーてどうすっかな。


とりあえずみんなADAM atを聴いてくれ。

youtu.be